通信講座でも資格は取得できる!行政書士になる道

文房具

法律に関する資格取得へ

男の人

じっくりと勉強しよう

行政書士は合格率が低く難関な資格ですが、取得すれば独立・開業はもとより企業でも法務分野で活躍できるなど様々な可能性があることから人気を集めている資格です。行政書士の国家試験は受験資格がなく誰でも受験することができます。しかし合格率が低いことから、独学ではなく何らかの試験対策を行って合格する人が多いです。その試験対策の一つが通信講座です。通信講座も様々なものがあり、受講期間や受講料にも差があります。通信講座も「相性」があるので、一概にどれがいいかは人それぞれ異なりますが、受講期間が極端に短い講座は、法律関係の初学者や独学を中心としてその補助として通信講座を利用する人には不向きな傾向があります。行政書士は合格率が低いことが前提と考え、ある程度長期になったとしても、じっくりと勉強できる講座を選ぶことがポイントとなるでしょう。

学習の自己管理が大事

昨今では行政書士だけでなく、他の資格を併せ持つ人が増加しています。例としては司法書士、社会保険労務士、ファイナンシャルプランナーなどを併せ持つ人が多いです。そのほか、福祉分野では社会福祉士や介護支援専門員などの資格を併せ持ち、主に成年後見や権利擁護の分野で活躍する人もいます。通信講座は初学者はもとより、既に近い分野の資格を持っている人にも学びやすい方法の一つです。特に、仕事を続けながら行政書士の取得を目指す人は、通勤時間や休憩時間などを活用しながら少しずつ学ぶことができるという点が学びやすさの一例でしょう。一方、通信講座は自分で学習を管理していかなくてはなりません。ほとんどの通信講座では、きちんと内容を網羅すれば行政書士の合格が望めるレベルに達し、その結果として多くの合格者を輩出しています。通信講座を活用して行政書士を目指す場合は、自己管理の徹底が必要となります。

子どもと関わる仕事

保育士

保育士になる為に資格をとるなら、たくさんの事が学べ、仲間もできる大学がおすすめです。子どもを適切に保育するうえで必要になる、音楽や体育、美術などの授業を受けることになります。また、実際に保育園に行って実習を行うこともあります。

More...

人を手助けする仕事

カウンセリング

言語聴覚士とは言語に関する障害だけではなくものを飲み込むのが難しい人もサポートする職業です。資格を取るためには4年制の資格の取れる学校へ行くか、大学卒業後に2年間専攻科へ進んでそこで受験資格を得た後国家試験に合格することです。

More...

子供と関わる仕事

男女

幼稚園教諭は、大学を卒業すると得ることができる認定資格です。幼児教育を中心とした大学で学び、保育士資格も取れるカリキュラムがあったり、幼稚園などで実地研修がしっかりあるところを選ぶと就職にも有利です。

More...